ヘア 宮崎亮

頭皮のかゆみや乾燥に困った時のシャンプー方法

更新日:

こんにちは、宮崎です。
今回は頭皮のかゆみや乾燥がなかなか治まらない時のシャンプー方法を紹介します。

頭皮が丈夫になった感じがします

このシャンプー方法を行うと、デリケートになっていた頭皮が丈夫になった感覚を持つはずです。

”シャンプーしたあとなのにもうかゆくなってきた”という方には特に適しています。

頭皮が乾燥している人は、髪も連動して乾燥していますから、このシャンプー方法を行えば、髪にツヤがでてきてハリがでたり、しなやかさがでたりするので、髪のコンディションも上がってきますよ。

頭皮に余分な刺激を与えず汚れを落とす

なかなか治らない頭皮のかゆみというのは、原因が汚れであるということはまずありません。
皮脂や汚れが原因であれば、シャンプーすればすぐ治ります。

頭皮のかゆみや乾燥の根本の原因を突き止めるのはとても難しいですが、その時の頭皮の状態はほぼ敏感肌になっています。

そんな敏感肌になっている頭皮を、ゴシゴシと念入りにこすってシャンプーすると余計に悪化します。

さらにかゆみや乾燥が増してしまいきます。

でも、皮脂や汗や汚れはでてくるので洗わずに放っておくと、今度は匂いがでてきます。

いかに敏感な頭皮に刺激をあたえずに、汚れを落とすか?が大切になんです。

そして、シャンプー剤そのものがとっても強い刺激になっているということを知ってください。

頭皮の乾燥・かゆみの対策シャンプー方法

では具体的なシャンプー方法ですが、

実はシャンプー剤は使いません。。。

フケやかゆみがなかなか治らない頭皮には、シャンプー剤そのものがとても強い刺激になるのです。

良いシャンプーとか高いシャンプーとか関係ありません。

洗浄成分が入っている時点で刺激があるんです。

たしかに低刺激シャンプーとかありますが、それでも安心してはいけません。

ではシャンプーなしでどうやってシャンプーするのかを解説します。

STEP1

シャワーのお湯をややぬるくする

STEP2

シャワーですすぐ

STEP3

風呂桶を頭の下に置き、すすいだお湯が濁らなくなるまでひたすらすすぐ。

指の腹で頭皮をマッサージしながらすすぎます。

いつもの3倍以上はすすぎます。

以上です。

お湯だけでは心配?

大丈夫ですよ。汚れは十分に落ちます。

皮脂も不必要なものだけ流されるので匂いが出ることもありません。

そのかわり毎日行ってください。1日以上放置すると匂いがでてくるはずです。

すすぎが甘くならないようにしっかり行ってください。

どれくらい続ければいい?

最低3日は続けてください。いける人は1週間続けてください。

すると、頭皮のフケや乾燥、かゆみは落ついてくると思います。

髪も案外ぺったりすることなく、落ち着きが出てきますよ。

ただし、調子が良くなったと言ってこのままずっとシャンプーなしはやめたほうが良いです。

僕も挑戦したことがありますが、どれだけしっかりすすいでも、3週間後には皮脂でぺったりしてきて気持ち悪くなります。

1週間続けてもまだフケかゆみが治まらない場合は、続けて欲しいのですが、週1や2ぐらいで、シャンプーを使って優しく洗浄してあげてください。

その時のやり方もこちらの記事で解説しているのでごらんください。

頭皮と髪が乾燥する冬のシャンプー方法

シャンプー後や朝は、頭皮のエッセンスをつけてください。

頭皮のエネルギーも高めて、自然に治そうとする力を高めて、早く改善する手伝いができます。

匂いを抑えたり殺菌もできます。

まとめ

いつも頭皮にかゆみを感じる方や、細かいフケがおさまらない方が案外多いんです。

原因はストレスとか、睡眠不足とか、体調不良とかまあ人それぞれ色々とあるでしょう。

原因がどうあれ、頭皮がデリケートな時はシャンプーの仕方を気をつけないといけません。

かゆいからといってゴシゴシこするなんてもってのほかです。

かゆみの原因が汚れであるという場合はそんなにありませんから。

洗えば洗うほど悪化する可能性が高いんです。

なので、なかなかかゆみやフケがおさまらない方は、今回のシャンプー方法を試してみてください。

治療方法とは違います。ですが、自然に治そうとする力を邪魔しない方法です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-ヘア, 宮崎亮
-

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.