食育

毎日の温活が体を変える

更新日:

こんにちは。味田です。

 

ブログを書き始めてから数ヶ月ですが、健康や美容に良い事をたくさんアップしてきました。

私自身もその中で食べ物や運動など、毎日の生活の中で楽しみながら取り入れるというのを実践しています。
そのおかげかここ最近は本当に体の調子がいいんです。

 

体が変わってきてるなと実感するんですが、その中で目に見えて変わったなぁと思うのが”体温”なんです。

 

もともと平熱が低くものすごい冷え性でした。
そこで記事にしてから実践しているのが「毎日1杯の甘酒」です。

 

甘酒は以前も書いたように「飲む点滴」と言われるくらい栄養満点で、美容にも健康にもとてもいい飲み物なんです。

 

寒くなると飲むイメージがありますが、昔は夏バテ防止などでも飲まれていたくらいなので、一年中飲むといい飲み物です。

 

甘酒を飲むようになって変わったのは、平熱が35度台だったのが今では36、7度くらいになったのです。

 

1度近く違うってすごくないですか??
体温が1度下がると代謝が10%〜20%、免疫力が30%も下がると言われているんですよ。

温活記事画像

平熱が36度以下は「低体温」と言われています。

低体温だと、外敵と闘う免疫細胞が機能するために必要な温度が不足してダメージを受けやすい状態になったしまうので、病気になりやすかったり、老化が加速するといわれています。

 

低体温はリスクがいっぱいなんですね。

理想的な体温は36、5度から37度と言われています。
皆さんはご自分の平熱は何度かしっていますか??

 

毎日の習慣の中で甘酒を飲むタイミングは朝が良いと言われていますが、私はでできた甘酒は朝に飲み、酒粕で作った甘酒はアルコールが入っているため夜に飲みます。

 

麹の甘酒は美味しいものを探して酒屋で買ってストックしたり、酒粕がある場合は簡単に作れるので自宅で作って飲んでいます。

 

麹の甘酒は、砂糖もアルコールも使われていないので妊婦さんや子供でも飲む事ができますよ。
酒粕の場合は市販のものは甘いので自分で砂糖の量を調節したりして、自分好みの甘酒を楽しむことができます。

 

美容と健康のために始めた’毎日1杯の甘酒’ですが、度々聞いたり雑誌などで目にしたりする『温活』になるんだなと思います。

 

温活って聞いたことありませんか?
温活と調べると「日頃から体を温める事で、自分の体への意識を高めて、冷え性など女性特有の症状とポジティブに向き合う活動」と記載されています。

 

甘酒も体を温めてくれるので、自然と温活しているということですね。
もちろん甘酒に限らず、白湯やお味噌汁などもとても温活に向いています。

 

これからますます寒い季節になってきます。外から温めるというのももちろん大切ですが、体の中からもしっかり温めて、体質を改善していくのもとっても大切です。

 

私もここまで変わるとは思っていなかったのでびっくりですが、毎日の習慣の中で体の変化を楽しみながら続けていこうと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
味田京実

KYOMI

味田京実。1981年生まれ。岐阜県養老出身。 ゴッドハンド技術(レプロースト、ビューディア)取得者。 20代の頃は、美容のトレンドやデザインに惹かれこの業界に入ったが、30代になり、トレンドやデザインを実現・追及するには、肌質、髪質、健康、メンタルなどの本質的な美しさが整っていないと実現できないことに気付き始めた。バイオプログラミングやゴッドハンド技術と出会い、本質美の重要性を確信する。それ以来、デザインやトレンドを形にする仕事をしながらも、本質美のオピニオンリーダーとして、顧客にアドバイスしている。 味田の記事一覧はこちら

-食育
-, , , , , , ,

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.