プログレス ヘア 宮崎亮

髪のお手入れの理想モデルは?

投稿日:

こんにちは、宮崎です。

髪のお手入れの理想モデルは、歯のお手入れだと思います。

朝晩1日2回。

大人は歯だけでなく歯茎も意識する。

歯ブラシだけでなく、フロスも使う。

歯磨き粉も自分に合ったものを選ぶ。

などなど。

これは、もうあなたは当然のようにやってますよね。

でも、髪や頭皮の事になると同じように出来ないんですよね。

それは何故かな?って考えてみました。一つだけ髪になくて歯にあることが浮かびました。それは、、、

「歯周病は、色んな病気の原因になる」

という事です。

髪や頭皮のお手入れを怠っても、さすがに病気にまで発展することはまずありません。だから、予防医学として歯のお手入れを頑張ることは髪よりもかなり重要です。

しかしどうでしょうか?

多くの方が、匂いや歯の色、一本でも多く自分の歯を残すということを重要視して、歯のお手入れをされているのではないでしょうか?

それは髪も同じですよね。

頭皮が洗えていない方は、周囲に強く匂いを放ちます。

髪のケアが甘いと、髪の色合いや質感がくすんで、清潔感や品がなくなります。

頭皮のエッセンスが甘いと、髪の勢いがなくなり、老けたり疲れて見えてしまいます。将来の髪もかなり減ることになるでしょう。

年齢を重ねても歯や髪が整っている方というのは、お手入れがちゃんと出来ている人に多いはずです。

そして、お手入れが出来てる人は、整った生活を送ろうと努力されている方だと思います。その結果、そんな雰囲気が歯や髪に醸し出されてくるのだと思います。

という事で、歯のお手入れが終わったら、そのまま、頭皮のお手入れをする習慣を作ってもらえたら嬉しいです。

頭皮のお手入れなんて、エッセンスをつけるだけですから、1分もかかりませんよ。

髪のお手入れは、お風呂でコンディショナーやマスクを放置するだけです。そして、頭皮のエッセンスつけたら、毛先にオイルなじませる程度ですから簡単ですよ。

是非、今日から歯と頭皮と髪のお手入れをルーチンにしてみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-プログレス, ヘア, 宮崎亮

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.