宮崎亮

ヘアマスクの香りは、上質な成分と調香師のスペシャルな配合!

投稿日:

RYUKOが扱っているヘアマスクには、
世界トップレベルの調香師による
香りの演出が施されています。

 

シャネルやクロエなどパワーブランドが、
香料のプロデュースを依頼する
コティー社の調香師が行っています。

 

コティー(COTY)社は、
1904年にパリで創業した世界シェア
No.1のフレグランスメーカーです。

出典:LogoLounge

 

しかも、
種類ごとに香りに変化をつけ、
髪の質感と香りをマッチングさせる
という演出までされているんです。

 

例えば、
潤い系の【ハイドレイト】は

 

髪を健康にする【リペア】は

 

髪にハリコシをだす【ボリューマイズ】は

 

髪に柔らかさを出す【スムーズン】は

 

髪をリッチな質感にする【リュクス】は

 

ヘアカラーした髪を
より美しく見せる【カラーセーブ】は

 

地肌を健康的にする【バランス】は

 

というように、
アクセントなフレグランスが配合され
種類を変えた時にも
香りを楽しむことができます。

 

また、マスクの香り同士が混ざっても
馴染んでくれるようにベースの香りは
同じになっています。

 

ベースの香りは、
「マンゴーの花びら」です。
そこに、トップノート、
ミドルノート、ベースノートを加え、
奥深い香りに仕立ててあります。

 

香りには、個人個人の好みがございます。
好き嫌いがあるかとは思いますが、
市販のものでは味わえない一味違う、
上質な香りとなっておりますので、
ぜひ楽しんで頂けたらと思います。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-宮崎亮

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.