ヘア

手の筋、傷めました

更新日:

少し前の話。

実は私、2〜3年前からフルートを習っています。習っているというのも恥ずかしいほどの腕前ですけど…。

習い始めて最初に感じた事は、
小指だけを動かすって、難しい!
ということでした。

どんな時に感じたかというと、みなさんもご存知の通り、フルートという楽器は、10本の指をバラバラに動かします。
「そんなの当たり前」
と思いませんでしたか?
それが、こんなに難しいとは思いませんでした。

特に「レ」の音がやられました。(こんな感じ↓)
0cc7435f4497755c43479a7536d13b31
小指だけ穴をふさがないように立たせるのが難しかったのです。
私は、仕事柄か、薬指だけ動かすことができます。なので、こんなの簡単だと思っていたのです。ところが、小指が動かなかったとは、、、

脳が、「レの音の指」をイメージします。
そして、10本の指それぞれの神経や筋肉や筋に指令を出します。
あれ?、右手の小指だけが自由に動かない。
自分でもビックリしました。

この機能を今まで意識して使ったことなかったんだなーって
なので、意識的に薬指と小指を別々に動かす練習をしました。そしたら、手の甲の筋を傷めてしまう始末でした。(もう、治ってますよ)

でも、ちゃんと練習したら動くようになったんです。
体には、できるのに使っていない機能がまだまだあるんだなーって、この歳でも実感することができました。

そして、髪も同じだと、、、

髪にも、もっともっと美しくなるための、あなたが気づいていない機能が、たくさん備わっています。
それをどれだけ使えているかが、今の髪の美しさなんです。

私のサロンには、眠っている美しさを引き出すバイオプログラミング®という技術があります。そして「エクセレントプログレス」というメニューがあります。

あなたがまだ使えていない、髪を美しくするための機能を動かすことができます。
そして、今はまだ眠っているあなたの美しさが表にでてきます。
それを繰り返すことで、年齢など関係なく美髪を楽しむことができるんです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ヘア

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.