ヘア

簡単にハネた髪を直す方法

投稿日:


ハネている毛先を一生懸命ブローしても、
なかなか内巻きにならないってことがありますよね。
そんな時は、このように髪の根元をかまってあげると簡単に治ります。

 

髪がはねた時の直しかた

①まず、ハネている髪の束をつまみます。
②そのつまんだ髪の束の根元が、頭皮を90度になるぐらいに持ち上げます。
③さらに、ハネている方向へ引っ張ります。
例えば、前にハネていたら前に引っ張る。後ろにハネていたら後ろに引っ張る。右にハネていたら右に引っ張る。
④そして、引っ張っている髪の根元をドライヤーで温め、頭皮が熱くなったら冷風で冷やす。

 

これで、だいたい毛先のハネが収まるので、
ここから、軽く毛先をブローしてあげてください。
それでもダメだったら、先ほどの方法の前に、
少し根元や頭皮を水で軽く濡らしておくのもいいです。

 

なんで、この方法が効果的かといいますと、
「髪は、根元が向いている方向と逆の方向に毛先が動く」
という法則があるからです。
耳掛けをする方はとくに、耳の前の髪が後ろに引っ張られるクセがついてしまうので、
耳掛けしないと前にハネてしまいます。

 

きれいな内巻きは、毛先が真下の内側に入っている状態です。
そうするには、根元は真上に持ち上がっていないといけません。
なので、根元にボリュームがなくなり、ペタッと頭皮に張り付いてしまうと、
毛先は逆に浮き上がって、外に跳ねてしまうのです

 

そんなに難しい方法じゃないです。知っているか知らないか程度の簡単な方法なので、ぜひお試しください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-ヘア
-

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.