プログレス 宮崎亮

パーソナルプログレス開発の本音

投稿日:

・寿命が100歳当たり前!
・75歳まではたらく!
・女性がどんどんアクティブになってくる!
こんな時代へと変化しています。

 

パーソナルプログレスは、単なる髪が綺麗になるトリートメントとか、ヘッドスパとかそういうメニューではなく、
“ 今後の人生をこうやって生きていく!”
と積極的になってもらうきっかけとなる、年齢をデザインする(エイジングデザイン)というコアコンセプトをもたせたメニューなんですよ。

 

今日は、そんな新しいプログレスメニューを開発しようと思うようになった本音を書いていきます。

 

あなたのヘアスタイルがもっと素敵になる。しかも、お手入れ方法が簡単にもなる。そんなことが実現できる施術メニューなんだってわかると、ちょっとワクワクしてもらえると思います。

 

パーソナルプログレスは、髪が綺麗になるだけじゃない!

髪質をデザインするという発想は、元々あったエクセレントプログレスを18年ほど取り組んできて、研究もしてきて、それ故に限界も知り、だけども、お客様の要望をもっと早くわかりやすく実現したいという思いがさらに強くなってきたことによってうまれたものです。

 

エクセレントプログレスに感じた限界というのは、、、

 

例えば、もっと頭頂部のボリュームが欲しいと言われている方に、エクセレントプログレスをしていて、髪のコシやハリを強く出したいのだけど、その方の性質や体調などの影響で、髪や頭皮のレベルは上がっていても、水分量の方が多くなり、どうしても髪のボリューム感を実感しづらい状況になったり。。。

 

また、その逆も起きたりしていました。
もっとしなやかさが欲しいのに、エネルギーが高まりハリが強くでてしまうなど。。。

 

美しい艶が出て、余分なうねりなどがなくなって、写真を撮ると非常に美しい髪になっているのですが、実際その人がイメージしているヘアスタイルの質感とは違っていたりするという事に気が付いたんです。

 

もっと動きが欲しくリッチな感じになりたいのに、毛先に水分が増えて、それはすごく良いことなんですが、手触りも良くなりますし。
でも、毛先が落ち着きすぎて動きが出にくくなって大人しいイメージになってしまうなど、コントロールできないことも増えてきました。

 

髪は、自分を表現するとても重要な役割を持っていると思います。しかし、「サラサラでしっとりしていて、艶がある」という、一般的に言われる「美しい髪」というものに当てはめられてしまっているような違和感を感じるようになってきたんです。

 

もっと髪質そのものからデザインして、表現の幅を広げたい!という想いが強くなっていったのが、新しいプログレス「パーソナルプログレス」を作ったきっかけのひとつです。

 

パーソナルプログレスの3つのポイントは、、、

 

1、髪型に合わせて髪質をデザインしている。
例えば、、、
頭頂部はボリュームが出るようにハリをだして、ハチの部分はボリュームが抑まるように重みをつけて、後頭部はボリュームが出るようにふんわりさせて、耳周りや首回りはフィットする様に柔らかくして、、、などなど。

 

2、それが3週間ほど持続する。
髪型に合わせてデザインされた髪質が、ご自分でお手入れされても3週間ほど効果が持続するので、お手入れがシンプルになってきたり、ヘアスタイルのもちが良かったりなどします。

 

3、もっとカスタムできる
施術のたびに、もっとこうして欲しいと思われたことがあれば、プログレスの仕方やエッセンスの処方の仕方をさらにカスタムすることができます。髪型が変われば、髪質のデザインも変わってきます。

 

パーソナルプログレスは、サラサラ、ツルツル、つやつやにするだけの技術ではないんです!

 

あなたがイメージしているような自分になる。しかも、楽しみながら。
そんなワクワクを実現できるメニューだと思っています。

 

髪質からデザインするパーソナルプログレスは、ぜひ月に1回行っていただきたい!
カットよりも優先してやって頂きたいと思っています。

 

髪と頭皮のエステとも思ってもらえると嬉しいです。お顔もリフトアップされて血色もよくなりますしね。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-プログレス, 宮崎亮

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.