スキン 味田京美

ほうれい線を消す意外なマッサージ方法

更新日:

こんにちは。味田です。

ふと鏡を見ると昔はなかった、シワ、シミ、たるみ、ほうれい線など、、、

数年前と比べるとアレっと思うことってたくさんありませんか?

私も35歳を過ぎたあたりから、疲れると頬が下がりほうれい線が気になっていました。

なんとかしたいと思いつつも、初めて直面する事態にどうすればいいか悩んでいたところ、私がいつも行く鍼灸師の先生に『ほうれい線を消すためのマッサージ方法』を教えてもらったんです。

今日はそのやり方をお伝えしますね。

マッサージでほうれい線が悪化することも、、、

よく雑誌などにも

『ほうれい線にはこの化粧品がいい』
『ほうれい線にきくマッサージはこれ』
『微弱電流が出る機械でほうれい線をマッサージ』

など取り上げられますよね。

皆さんもそんな商品を手に取ったり、マッサージをしてみたりしたことはありませんか?

しかし間違ったマッサージはかえってほうれい線を消すどころか逆効果になることもあります。

ほうれい線は線維細胞という頬の脂肪を支えているものがたるむことで濃くなります。

この顔の筋肉をむやみやたらにマッサージするとどんどんシワやたるみが進行する原因になるそうです。

ほうれい線を消す安全なマッサージ方法とは・・・・

ここでお伝えするほうれい線を消すあんぜんなマッサージ方法は、ちょっと空いた時間があれば簡単にできます。

高い化粧品や面倒なフェイスマッサージもしなくて良い方法です。

その方法とは、、、

『耳を引っ張る』

です。

ほうれい線だからといって顔をマッサージするのではなくただ耳を引っ張るだけ。

ほうれい線を消す耳のマッサージ方法

①息を吸って、親指と人さし指で耳を挟み、ぐっと引っ張る

②耳を引っ張りながら5秒くらいかけて息を吐き切る

③斜め上、横、下などいろいろな方向に引っ張る。

という簡単なものです。
1日1分を目安にやるといいそうなので、ちょっと暇を見つけてやってみてください。

中医学では腎臓の衰弱は、老化やたるみに一番関係が深い臓器と言われているそうです。

その腎臓に通じているのが耳と考えられているため、耳へのアプローチは効果的と言われています。

耳を挟んで「冷たい」「痛い」「硬い」という人は、緊張が強い免疫力の低下、疲労のサインとも言われているのでしっかりほぐしてあげましょう。

まとめ

ほうれい線は、単なる加齢だけではなく、疲れにも影響して出て来ます。

ある時鏡を見て急にほうれい線が気になってしまうことはよくありますが、そんな時むやみにほうれい線に直接アプローチすることはかえって悪化させる原因にもなります。

たとえその時にほうれい線が消えてもです。

強い成分や筋肉への強い刺激は、安易に行わない方が良いと思います。

安全なほうれい線対策には耳のマッサージが効果的です。

色々な方向へ呼吸と合わせながら引っ張るだけです。

疲れの根本でもある腎臓の機能を高める方法でもあるので、ぜひ今日の隙間時間にも試してみて下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
味田京実

KYOMI

味田京実。1981年生まれ。岐阜県養老出身。 ゴッドハンド技術(レプロースト、ビューディア)取得者。 20代の頃は、美容のトレンドやデザインに惹かれこの業界に入ったが、30代になり、トレンドやデザインを実現・追及するには、肌質、髪質、健康、メンタルなどの本質的な美しさが整っていないと実現できないことに気付き始めた。バイオプログラミングやゴッドハンド技術と出会い、本質美の重要性を確信する。それ以来、デザインやトレンドを形にする仕事をしながらも、本質美のオピニオンリーダーとして、顧客にアドバイスしている。 味田の記事一覧はこちら

-スキン, 味田京美

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.