メンタル 郷博子

固定概念は、プログレスを遅らせる!

更新日:

こんにちわ、ごうです。

 

先日、「レプロナイザーを2時間髪に当てたらどうなる」っていう実験動画が公開されました。

レプロナイザー®大実験。やってみなけりゃわからない!!

こんにちは。宮崎です。 今日は興味深い動画をご案内します。 レプロナイザーを2時間髪に当て続けたらどうなったか? そんな実験を、大がかりな装置と、 高そうな機械で、白衣を着た研究者が測定しています。 ...

続きを見る


それはもちろん見てほしい動画なんですが、その動画を見られたお客様とお話していた時の事です。

 

その方は、10年以上、サロンプログレスとホームプログレスをされている方で、もちろんレプロナイザーも使っていらっしゃいます。

そんな方に、

「もし、レプロナイザーを2時間髪に当て続ける実験をすると聞いた時、どう思いました?」

ってお伺いしたら、

「えー、楽しみ〜。レプロナイザーだけでどれくらい変わるんだろうって思った」

と、おっしゃいました。

 

ですよねー!
と、同感しました。

でも、ちょっと待ってください!世の中の人全部が思うわけではないはずです。

 

あなたなら、
「もし、レプロナイザーを2時間髪に当て続ける実験をする」
と聞いたら、どう思いますか?

・髪がバサバサになっちゃうんじゃない?
・2時間も風を当て続けるなんて恐ろしい!
・髪は大丈夫⁈

こう思うのが普通かもしれませんね。

 

でも、その方も私も
「どれくらいキレイになるか楽しみ!」
と、思ったのです。

 

この時、こんな事を思いました。
固定概念とか、自分流ルールって、プログレスのスピードを遅らせてしまうのでは…。

 

何のためらいもなく、素直に聞き入れ実行する事で、プログレスがスムーズになり変化が速くなります。
本当は声を大にして言いたいけど、ここに少し書くくらいにしておきます。

みなさんも、RYUKOと一緒に将来の美しい髪を目指して、日々邁進しよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-メンタル, 郷博子

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.