食育

お医者さんもすすめる『ルイボスティー』の効果とは

投稿日:


スポンサーリンク



ノンカフェインで、健康にも美容にも最適。
お医者さんもすすめるルイボスティーの驚きの効果効能についてです。

 

ルイボスティーは、古くより南アフリカで日常的な飲み物として親しまれており、
『奇跡のお茶』『不老長寿のお茶』ともいわれていました。
南アフリカの大地で育ったルイボスの葉を発酵・乾燥させてつくられており、
鉱物が豊富な土地のミネラルをたっぷりと吸収して育つので、
ルイボスティーは、ミネラルをはじめ、ビタミン、カルシウムもバランスよく含まれています。

 

ルイボスティーの効果

 

1、アンチエイジングに効果がある

ルイボスティーには活性酸素を除去する『SOD』が多く含まれており、
シミなどの肌の老化に関係する活性酸素を取り除くことで、アンチエイジングに効果的。

 

2、ダイエットに効果的

人間の体内でもつくられるSODとは、
必要以上に体内に増えてしまった活性酸素を除去する酵素と言われています。
活性酸素が増えすぎてしまうと、代謝が下がってしまいます。
つまり、痩せにくい体質になってしまうということです。
ルイボスティーをのむことで、過剰に増えてしまった活性酸素を減らすSOD酵素を増やして、
体質を改善しより効果的にダイエットするのを促してくれます

 

3、安眠効果

ルイボスティー精神を安定させる効果効能があります。
ストレスや精神の興奮を鎮めて、心地よい眠りにつかせてくれます。
ノンカフェインなのも寝る前はいいですね。

 

4、便秘解消

ルイボスティーには『腸内環境の正常化作用』があるので、
腸内の動きが活発化し、その結果、悪玉菌が排出され善玉菌が残るので、
腸内環境が健康な状態になります。
便秘が原因のにきびや肌荒れも多いので便秘解消も美肌へと導いてくれます。

 

5、アレルギーを軽減

ルイボスティーの抗酸化作用により、皮膚の炎症をおさえ、
アレルギーによるアトピー性皮膚炎の改善にも役に立ちます。
花粉症などのアレルギーにも効果があり、
活性酸素を減らすことで症状が和らぎます。

 

6、二日酔いの軽減

二日酔いの原因はアセトアルデヒドという毒素が原因です。
この毒素によって大量の活性酸素が発生し、
頭痛や吐き気、肝機能低下を引き起こします。
ルイボスティーは、活性酸素を取り除いてくれる酵素をふくんでいます。
肝臓の働きも助けてくれるので、早くアセトアルデヒドを排出してくれる効果があります。


ルイボスティーはノンカフェイン

ルイボスティーはノンカフェインなので、
赤ちゃんや幼児にも安心して飲ませることができます。
アルコールと同じく、カフェインの取りすぎは興奮作用があったり肝機能などに負担をかけてしまいます。

 

カフェインといえばコーヒーですが、
緑茶などにもカフェインはかなり多く含まれているので、
大量にのむことで体に負担がかかってしまいますが、
ルイボスティーは、カフェインが含まれていないため、
体にやさしいお茶ですね。

 

私もコーヒーが好きでよく飲みますが、夜は温かいルイボスティーを飲むようにしています。
飲むようになってから、寝つきが良くなったような気がしています。
味も、クセが少なく飲みやすいです。
飲むだけでいろいろな効果効能があるので、ぜひ試してみてください。

 

私は、温かいまま飲みますが、
冷たいルイボスティーを飲みたい方はティーパックを入れたまま冷やすと良いそうですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-食育
-,

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.