食育

10年後が楽しみになる食事をしていますか?

投稿日:

こんにちは、郷です。

 

最近、毎日食しているDHA.EPAが豊富な『亜麻仁油』ですが、生活習慣病やアレルギー、更年期障害、知力向上、うつ、神経などなど、いろんな事に関連していると言われています。それが、先日の食育セミナーで、6ヶ月後に活性化していくと聞きました。

 

えっ⁉︎すぐじゃないの?正直、長い‼︎と思いました。

 

食べて直ぐ、三日後くらいに効果がでるかと思っていました。

 

確かに、髪屋からの経験上から髪は一度劣化すると、地肌まで回復するのに、7~8年かかっています。それをお手入れする事で、3~4年に短くすることはできても、数日というのは無理な話しです。

 

そこから考えれば、食べて直ぐに体に反応が出て、傷んだ髪が美しくなる事はありえませんよね。

 

体って、どれくらいで生まれ変わるんだろう…なんて疑問がわいてきました。

 

調べてみると、肌はご存知の通り28日、骨は2~3年できて生まれ変わるようです。ところが、体全部か生まれ変わるのに、7~10年もかかるそうです。

 

今の私の体は、10年前(30歳前後)の、ハードワークでの早食いの炭水化物のみの食事からできているのです。

 

その10年前(20歳前後)は、もっとひどくて、不摂生やストレスと、コンビニ弁当やファーストフード、お酒などからできていました。

 

たがら30歳くらいは、よく風邪をひいたり、原因不明の咳にやられていたり、肌の調子も今より悪かったし、アレルギーも今より出ていました。ボロボロでしたね。

 

あー、恐ろしい。

 

ある意味、納得。

 

20歳前後の食事でできていた30歳の体が悲鳴を上げた頃から、食事にを気を付け始めました。それから10年弱たちます。確かに、今の方が健康な気がします。

 

今の食事が10年後の体を作るなら、10年後が楽しみになる食事をしていきたいと思いました。

 

フードアドバイザーの食育セミナーの詳細はこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-食育
-, , , ,

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.