食育

グルテンフリーできますか?

投稿日:

今日も、お客様から教えてもらった情報をもとにシェアします。

グルテンフリー

つまり、「小麦粉やめましょう」ということです。

 

今話題の最新食事法のようです

グルテンフリーダイエットとかいうダイエット法まで出ています。
詳細は↓
http://dietbook.biz/glutenfreediet-531.html
http://matome.naver.jp/odai/2138133476202847601

 

小麦粉は現代病の元であって
アレルギーや精神面などにも大きく影響しているということなのだそうです。

 

とは言っても、食事療法はかなりの長い期間行わないと
効果を実感できないって聞きますよね。
ですが、グルテンフリーは2週間で効果が実感できるのだそうです。

 

体が軽くなる
アレルギーが軽減される
元気になる
など

 

テニスプレーヤの世界ランキング1位のジョコビッチ選手
グルテンフリーの食事に切り替えて、成績を大きく上げたのだそうです。
ここぞというときに、集中力やいつもの強さを発揮できなくなるというクセ?があったそうですが、
グルテンフリーの食事にしたら、メキメキと強さを増していったのだとか。

 

そんな逸話がいろいろあるようですが、
確かに穀物に頼った食事は危険だなーって思っていました。
空腹を手軽に満たせますよね。

 

しかし、グルテンフリーの話を聞いて意識してみたのですが
個人的には難しいなーって思いました。
見渡してみれば、世の中がグルテンだらけじゃないですかー

 

そば食べても、小麦入ってますという表示が出ているし、
てんぷら食べても小麦粉ついてるし、
麺やパンをさければいいって感じじゃないですね。

 

もし、WHOがグルテンフリーを推奨したら、
破綻する業界が増えそうですよね。
もう地球規模で、グルテンフリーはムズカシイですよー

 

皆さんもこれから、
シュガーとグルテンは少しでも、なんとか少なめにして、
いつまでも健康で若くいられるように頑張っていきましょうね

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-食育
-,

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.