メンタル

49歳は崖⁈40代の美容やファッションはどうあるべきか?

更新日:

こんにちは、郷です。

40歳の坂
45歳の壁
49歳の崖⁈

こんなタイトルの雑誌がありました。
それを目にしたお客様が、
「49歳の崖だって」
と、ボソッとおっしゃいました。

 

なんだか怖いという気持ちと、
なんとも言えないドキッとした、
いや、ギクっかな⁈
そんな気持ちになりました。

 

少なくとも私のサロンのお客様には、
60歳でも70歳でも坂くらいにしか見えていないように思います。

 

崖と坂の違いは何か?

考えてみました。
そこには、目指す美容の形があるようにおもいます。

 

私のサロンのお客様のほとんどは、
もともと持っている美しさや、
内面からにじみ出る美しさを追求していらっしゃると思います。
(そういった美しさを「本質美」と呼んでいます)

 

では、その逆はなにか?

どう自分を装い、
どう目立つか?
を目指していらっしゃるのかもしれません。
(こういうのを「形式美」と呼んでいます)

 

美の選択

そんな本質的な美を目指している方々のお話を聞いていると、
こんな事を言っていらっしゃる方が多いのです。

 

20代は、上り坂。
好きな事やったほうがいいよって。

 

30歳の頃は、一番いい頃。
例えるなら頂上あたりかな。

 

35歳の頃は、まさに行き先を決める時かな。
雑誌を読みあさって流行を意識するか
落ち着いて、もう一度自分を見つめ直すか。

 

40歳になると、知らないうちに坂道になってるんだよねー。
そんな時、形式美の道を選んだ人は、
流行りを追いすぎて、
自分がなくなってしまってたりするね。

 

本質美の道を選んだ人は、
自分をより光らせる方法を探しているから、
自分に似合う形や色がよく分かってる感じかな。

 

45歳、まさに、大きな決断の時です。
体も肌も髪も、壁にぶち当たる時かな。
自己流では追いつかなくなってくる頃かな。

 

形式美を必死に磨いてきた人は、
これからどうしようか、路頭に迷うかもしれないね。

 

本質美の道を選んだ人は、
衰える自分を受け入れながら、
自分だけの道を見つけ、
将来に正面から向かっていけるね。

 

49歳、崖⁈
崖が見えるかどうかは、今まで選択してきた道次第のようですね。

まず大切なのは、
10年、20年後
何、どこを向いていたいのかを決める事だと思います。
まず、今日の一歩から始まりますよ。

 

今日の選択

Eテレでピースの又吉さんが、
Eテレの「今日の選択」という歌に出ていますね。

又吉今日の選択

 

朝食を「ご飯」にするのか「パン」にするのかとか、
読む本を「太宰治」にするのか「カフカ」にするのか、
みたいなその時その時、どちらを選択するかで、
見える景色はかなり変わってくると思います。

 

しかも、軸のある選択をしないと
フラフラ遠回りをして、
時間だけ過ぎていきかねませんね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-メンタル
-, , , , ,

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.