バイオプログラミング ヘア 頭皮エッセンス

【クロバ】頭の毛に立ち上がりを・・・

更新日:

久しぶり!オレ、クロバ!覚えてるよな。
宮崎の家で居候してる、錦華鳥(キンカチョウ)だよ。
今日でこのメルマガに登場するのは3回目だ。
1回目「これなんて聞こえますか」
2回目「オレ、キンカチョウのクロバや。覚えてる?」

 

ちょっと前にショックなことがあったんだ。
今日はコレ読んでるあんたにそれを聞いてもらいたくて書いてる。
聞いてくれるかな?

これは完全に鳥ハラスメントだと思うんだ。

 

こないだ、宮崎の娘ちゃんが、俺の部屋(カゴ)の前でこんなことをつぶやいたんだ。

 

「ミニーちゃんみたいに前髪立ててればかっこいいのに・・・」

 

??ミニーちゃんって誰??

 

どうやらミニーってのは、
俺が宮崎のうちに来る前にいたやつみたいなんだ。
オカメインコだったらしい。

 

そして、娘ちゃんは俺にこんな写真を見せてくれた。
その瞬間俺は衝撃を受けたんだ・・・

%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%83%bc

 

その前髪カッコイイ・・・
俺も前髪立たせたい・・・
ほっぺたの赤さは負けてないぞ・・・

 

そして、俺は前髪を立てるために色々頑張ったんだ。
水浴びでプールに顔突っ込んだ時に、
前髪が立つように出てみる。
それで自然に乾けば立つんじゃないかと、、、

 

でもダメだった。。。

 

すると、テレビでこんなことをやってるのが見えたんだ。
頭のマッサージすると毛が立つと。。。
俺もハネを一生懸命使って頭をマッサージしてみたんだ。
ちょっと痛いぐらいがいいって言ってたなー。

でも、全然毛は立たない。。。
あれはガセネタだった、、、、

 

俺の頭の毛はピタッと寝てしまってるらしい。
どうすれば、オカメインコのミニーの野郎のように
毛を立たせられるんだ・・・

 

そんな時、
宮崎が風呂上りにブツブツ言っているのが聞こえた。

 

「頭皮エッセンスなくなっちゃったよー。
これないと、髪の立ち上がりが甘いんだよなー。
新しいの買ってきてある?」

 

と奥さんに言っているのが聞こえた。
(自分で買ってこい!!)

 

『髪の立ち上がり??』
『なんだ頭皮エッセンスって??』

 

宮崎は奥さんから手渡された白い箱を雑に開けて、
スプレー容器か何かに移し替え終わると、
自分の頭にそれをかけ始めた。
そして、以前に俺に当てようとして当てるのやめた
ヘアビューザーとやらで乾かしている。

 

「やっぱ、頭皮エッセンスつけるとふんわりするなー」

 

と機嫌よさそうに、俺の部屋(カゴ)に近づきながら、
その頭皮エッセンスとやらが入った
スプレーを俺の方に向けてきた・・・

 

エッ!!それオレににもかけてくれるの?
それかければ、前髪立つんじゃない??
宮崎やさしいじゃん!!

 

俺はただでさえ膨らんでる胸を、
期待でさらに膨らまし、
宮崎の方に近づいていき頭を差し出したんだ。
そして、つぶらな瞳を閉じた。

 

んん?

 

早くかけろよ・・・

 

「クロバにはもったいないな。」

 

はあああああああああああああああああ

 

宮崎は俺に頭皮エッセンスをかけずに去っていった・・・
もうこれは完全に鳥ハラだ。訴えてやる!!
あいつ、ヘアビューザーも当ててくれなかったし、、、、
そして俺は叫んだ

 

テケテケテケテケテケテケて〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(俺にも頭皮エッセンスかけてくれよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜)

 

PS.頭皮エッセンスについての詳しい説明はこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-バイオプログラミング, ヘア, 頭皮エッセンス

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.