サロン 宮崎亮

緑のコイツがあなたを守ります

投稿日:

何度かひやっとしたことがありました。

 

お客様が店を出て駐車場に向かおうとした瞬間、車に轢かれそうになったのです。

 

通り抜けする車は、結構なスピードで店の前を通過します。

 

店の壁が死角になり、店から帰ろうとするお客様が見えないため、徐行することなく通り過ぎていくんです。

 

これはいつか事故が起きるかも!と策を考えました。

 

いろんなアイデアが出ました。

・ミラーを設置する
・カラーコーンを置く
・ブザーがなるセンサーを設置する
・先にスタッフが出て身代わりになる

などなど

 

そして、決まったのが

「飛び出し坊や」

でした!

 

 

飛び出し坊やをまさか自分が買うなんて思ってもみませんでしたが、探すといろんなタイプがあるんですよね。

 

通学路によく置いてあるような定番のものから、不思議な動物なものなど様々です。

 

その中からチョイスしたのが、緑のコイツです。

「亀?」
「カエル?」
「ガチャピン?」

と色々言われますが、犬を散歩している少年です。

 

 

そして、「SLOW」というロゴと赤い反射板が入った服を着ています。

 

旗までついていてなかなかよく目立ってくれます。

 

おかげで、通り抜けの車が少し減速してたり、店から距離を置いたところを走ってくれるようになりました。

 

いい仕事してます。

 

店と馴染んでしまっては意味がないし、でも景観を損ねるのも嫌だし、、、と
選ぶのが難しかったですが、程よくアクセントにもなりました。

 

これからも、緑の飛び出し坊やがあなたを守ります。

 

名前はまだ決まっていませんが、お店を出て駐車場に向かうときは、一旦緑のコイツを見てから進んでください。

 

そうすると、コイツがあなたを守ってくれるはずです!

 

お店が終わると、夜の警備をしています。

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-サロン, 宮崎亮

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.