ヘア

頭皮がべたついたら炭酸クレンジングが安全です

投稿日:


この季節は、湿度とか汗とか皮脂とかで、肌も頭皮も髪もベタベタする感じがして嫌ですよね。匂いも気になったり、髪がペタっとして洗ってない人みたいになるのも心配になります。そんな時に、シャンプーでゴシゴシしっかりと洗いたくなりますが、じつはダメなんです。

 

この季節は、汗や湿度で頭皮のpHや細菌などで敏感になっているので、ゴシゴシ洗ったり、洗浄力が強いクレンジングを使うと、今度は頭皮が荒れてしまいます。そんな時に、安全でしかも毛穴や頭皮をスッキリ洗浄してくれるアイテムが炭酸です。

 

炭酸クレンジングの仕方

①まず、髪と頭皮をお湯でよくすすぎます。
②頭皮と髪に炭酸をかけます。
③やさしく頭皮をマッサージします。
④炭酸がついたまま、いつもどおりシャンプーの工程をします。

 

この時使う炭酸は、なるべく強いものを選ぶようにしてください。炭酸のきめ細かい泡が、毛穴の奥などの汚れを浮かせてくれます。弱い炭酸だと、泡が少なく洗浄力が足りない場合があるので気をつけて下さい。また、クレンジングで使う炭酸は冷やす必要はないので、なるべく常温にしておいて、頭にかけた時に「冷たい!!」ってならないようにしたほうがいいと思います。力が入ってしまって、リラックスできなくなってしまいますからね。

 

今は、炭酸のクレジングが簡単にできるように、シャンプーみたいに商品化されているものが色々出ています。炭酸クレンジングを頻繁にしたい方は、専用アイテムを使ったほうが効率がいいかもしれませんね。
評判の良いものをご紹介しておきますね。

クレンジングソーダ 350g

ミルボン プラーミア クリアスパフォーム 320g 【炭酸スパクレンジング】 Milbon PLARMIA

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-ヘア
-,

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.