ヘア 食育

甘酒アイスを作ってみました。

更新日:

こんにちは RYUKOの味田です。
先日お客様とのお話で『甘酒』の話になりました。
以前ブログでも書きましたが、私は甘酒が大好きです。
昨年の9月くらいから甘酒を飲むようになり、もう少しで1年です。

甘酒はアンチエイジング効果や、美肌効果、疲労回復効果など様々な効果効能があり、飲む点滴と言われるほど栄養価が高い飲み物です。なんとなく冬のイメージがありますが、江戸時代などは夏バテや疲労回復のための栄養剤として飲まれていたそうです。

私も酒粕からつくる甘酒と、米麹から作られた甘酒のどちらも飲みます。酒粕の方はアルコールも含まれているので夜飲むようにし、朝飲む場合はノンアルコールの米麹の甘酒を飲むようにして飲み分けています。

お話ししていたお客様は甘酒をよく飲まれる方で、炊飯器で糀を発酵させて甘酒を作るそうなんです。そして、「最近のおすすめは甘酒アイスだよ」って教えてもらい、「それは美味しいかも〜〜〜」とワクワクしてしまいました。

甘酒と牛乳や豆乳を混ぜて凍らすだけと聞き、早速自宅に帰って作ってみました。ガチガチになるのかな??と思いましたが、出来上がったものは、スプーンですくってたべれるぐらいやわらかくて、甘酒好きな私はとても気に入りました。市販までさえれているそうで、最近のブームみたいですね。

http://ameblo.jp/vegeyoko/entry-11882820681.html

http://ameblo.jp/vegeyoko/entry-11882820681.html

 

後味もさっぱりしていて暑い夏にはぴったりだし、食べるだけで美容効果や疲労回復効果もあるのは嬉しいなと思い自宅の冷凍庫には甘酒アイスも仲間入りしました。

甘酒を飲み始めてから基礎体温が上がったり、疲れにくくなった感じもして甘酒効果を実感しています。たまにとってもいいことをするよりも、毎日毎日の積み重ねって大切だなと感じています。

髪も同じで、 たまにいいことをするよりも、毎日コツコツと行うが大切です。
わたしも、毎日朝晩30秒の頭皮プログレスをして、ヘアビューザーをあてるだけを10年以上つづけています。この繰り返しだけで、10年前よりも今の髪のほうが綺麗なんです。5年先、10年先も今よりもっと綺麗な髪でいる自信もあります。

すぐに変化がわからなくても続けていくと実感できることってたくさんあるなと思います。忙しい毎日の中でも、習慣になると歯磨きをしたり顔を洗うのと同じで自分のライフスタイルの中でなくてはならないものになってきます。すると、5年後10年後と、年齢を重ねることが楽しみになってしまうと思いますよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
味田京実

KYOMI

味田京実。1981年生まれ。岐阜県養老出身。 ゴッドハンド技術(レプロースト、ビューディア)取得者。 20代の頃は、美容のトレンドやデザインに惹かれこの業界に入ったが、30代になり、トレンドやデザインを実現・追及するには、肌質、髪質、健康、メンタルなどの本質的な美しさが整っていないと実現できないことに気付き始めた。バイオプログラミングやゴッドハンド技術と出会い、本質美の重要性を確信する。それ以来、デザインやトレンドを形にする仕事をしながらも、本質美のオピニオンリーダーとして、顧客にアドバイスしている。 味田の記事一覧はこちら

-ヘア, 食育
-

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.