ヘア 味田京美

襟足の髪が絡まる人はこんな対策が必要です!

更新日:

こんにちは。あじたです。

お客様からよく相談されることの一つに、
「朝おきると襟足が絡まってぐちゃぐちゃになるのー」
というお悩みがあります。

他にも襟足問題には、
「襟足部分をカットしてないのにいつも短い毛がある」
などもあります。

結ぶと襟足だけパラパラ落ちてきたり、長さが不揃いになっていたり、ひどいと髪が絡まって毛玉ができたり、、、

この記事では、そんな襟足のグチャグチャ問題を悪化させないための対策方法をご紹介していきます。

襟足の髪が絡まる原因は?

襟足の髪が絡まる原因として多いのが、、、
ちゃんと乾かしているつもりが、襟足がしっかり乾かせていないということです。

乾かしているようでなかなか乾かせていないという場所が襟足なんです。

もし寝れたままや半乾きで寝ると・・・

濡れたままの髪はキューティクルが開いているので、少しの摩擦でもダメージが大きくなります。

キューティクルがひらいたまま寝ている間に乾いていくので、どんどん絡まる原因になります。

もっとわかりやすく言うと、洗濯物を想像してみましょう。

洗濯してそのまま乾いた服はシワシワのままですよね。

乾いてしまってからシワを取るためにひっぱたりしても、真っ直ぐにはなりません。

髪も濡れたまま寝たり自然乾燥させた場合は髪がシワシワの状態で乾いてしまって触るとヂリヂリ、パサパサパサのツヤのない髪になってしまいます。

そのあとに頑張ってブローしても綺麗なツヤは出ません。

そのあとしっかりオイルやトリートメントクリームを付けても髪の表面に付いたシワは取れません。

なので、しっかり乾かしておくことはとても大切なことなんです。

それでは、襟足をしっかり乾かすためのポイントをお伝えしますね。

乾かしのポイント

ドライヤーを髪の表面にあてるのではなく、地肌にあてるようにします。

その時、髪の中にドライヤーのノズルをいれこむ感じで乾かします。

しかも、この方法が1番早く乾きます。

やりにくい場合は、頭をよこにたおして髪が地肌から離れるようにするとやりやすいはずです。

乾いたなと思っても、しばらくしたらもう一度触ってチェックしてみてください。

または、冷風を当ててチェックする方法もあります。

濡れているところは、冷風が当たるとすぐに冷たくなるので、すぐにチェックすることができます。

湿っている部分がなくなるまで、念入りに乾かしてください。

乾かさずに寝るのはもっと良くないですが、乾かしていても襟足付近は一番髪がかたまって多い場所です。

乾きにくいので途中でこれくらいでいいかなと思ってやめてしまうと、翌朝の髪が大変なことになりますよ。

もともと細い、絡まりやすいという髪質の問題だけでなく、毎日の何気ないヘアケアのやり方がよくないと髪が傷んでしまうこともあるんです。

さああなたも今日から髪を乾かした後は、襟足付近がまだ濡れた状態ではないかチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
味田京実

KYOMI

味田京実。1981年生まれ。岐阜県養老出身。 ゴッドハンド技術(レプロースト、ビューディア)取得者。 20代の頃は、美容のトレンドやデザインに惹かれこの業界に入ったが、30代になり、トレンドやデザインを実現・追及するには、肌質、髪質、健康、メンタルなどの本質的な美しさが整っていないと実現できないことに気付き始めた。バイオプログラミングやゴッドハンド技術と出会い、本質美の重要性を確信する。それ以来、デザインやトレンドを形にする仕事をしながらも、本質美のオピニオンリーダーとして、顧客にアドバイスしている。 味田の記事一覧はこちら

-ヘア, 味田京美
-

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.